イルカは無心

先日の葉祥明トークライブの追加!
今朝、目覚めの布団の中で、昨日トークライブで見た五和町のイルカウォッチングの映像を思い出した。
イルカは魚ではなく動物と葉さんは言っていた。
五和の漁師さんは多くは語らないが、サメがくるとイルカが追い払う。
魚を舟にピョンと投げ入れてくる。
そんなことをするらしい。


イルカがスピリチュアルで癒しのパワーを持っているとよく言われる。
でも、私は、実際にイルカに会ってそれを感じたわけではなかったので、それを否定はしていないが、実感としてわかったことはなかった。

しかし、昨日のトークライブでの画像を見ていると、なんだか心がジンとした。
そこで、映像を思い出し、イルカになってみた。
すると、イルカは無心だった。
そして、人間が舟に乗ってウォッチングしにやってくると、人間の意識を無意識に察知して、同化し自分たちができることをただやっているんだとわかった。

イルカには人間のような意識はないだろう。つまり自我はなく、無心での行動だけなんだ。
それは、人間という生きものがやってきて、自分たちへのぞんでいることを、イルカは返しているだけだ。

それは、人間が人間の小さな心、エゴに邪魔されて感じられない愛や無心、悟っているという状態を感じさせているだけだ。

イルカにとって、これはごくごく当たり前のことをただやっているんだろう。

しかし人間はエゴがありそれができないことが多い。

イルカがスピリチュアルだとか癒しの動物だといわれる所以を実感できた。

彼らは、悟っている。

しかし、すごいことと驚くことではなく、本当は当たり前のことかもしれない。

人間が、ただ当たり前のことをできていないだけ。


   ☆☆☆LOVE&LIGHT☆☆☆