お地蔵さんのようになりたい。

私は、昔から、”お地蔵さんのようになりたいな~”と思っていました。

お地蔵さんのイメージは、どこか道端に、小さな祠や、あるいは、なにもなく雨風に当たりながら、たたずんでおられます。

ときどきお菓子がお供えされたり、行きかう人が、今日の良き日を願い、家族の健康、安全を祈り、手を合わせて通る。

時には、お供えされたお菓子をくすねられたり、住処のない人が、腹を空かせてもっていったり。。。

雨や雪にさらされて、暑い日差しにさらされて、それでも、いつも何も変わらず優しい笑顔でたたずむような。。。

年に一度のお蔵まつりはありますが、神社仏閣にまつられた○○の神様とか、崇め奉られることもない。。。

決して○○の神様のように大きく作られてもおらず、金箔できらびやかに作られてもおらず、小さな質素な石仏の姿でおられます。

それでも、いつも変わらず優しい笑顔でたたずむお地蔵さん。

いつも一番身近くにいてくれる、菩薩様。

人の日常に一番近くで寄り添っている存在かもしれませんね。

お地蔵さんに”ホッ”と安らぎの気持ちを感じるのは、そんな存在だからかもしれません。

尊敬されても、無碍にされても、与えられても、奪われても、環境や状況や地位に左右されず、心穏やかに、優しいお地蔵さんのような人に私はなりたい。



新しいお月見バージョンです^^



絵のサイズは名刺サイズ。

お地蔵さんもこんなに小さいよ!

もちろんお団子もミニミニサイズです~☆





   ☆☆☆LOVE&LIGHT☆☆☆