熊本水前寺公園こいあかりイベント行ってきました。

昨夜は近所の水前寺公園で行われた、水前寺こいあかり”というイベントに行ってきました。




たくさんのキャンドル、竹灯篭が並んで、とってもきれいでしたよ!




キャンドルの周りには、近所の園児や、小学校の生徒さんたちが書いた絵が貼ってあり、みんなかわいらしく描いていました。

自分の作品がどこに飾ってあるのかと、親子で見に来ている人たちもたくさんいました。

以前は水前寺公園も観光地としてたくさんの人に来ていただいていましたが、最近は観光客も減少しています。

水前寺公園は、肥後細川藩初代忠利公が鷹狩の砌(みぎり)、渾々と清水が湧くこの地を殊の外お気に召され、御茶屋として作事されたのが始まりです。後、綱利公の代に大規模な作庭がなされ、桃山式の優美な回遊式庭園となりました。

公園の池は、すべて湧き水で、見ていると、”ボコッ!ボコッ!”と水が湧き上がってきます。

でも、ずっとではなく不定期に湧き上がるので、どこから湧き上がってくるだろうかとみていると面白かったです。

熊本の地下水が非常に豊富でおいしいのも、この水のおかげです。

ありがたいことですね!

熊本観光の際は、ぜひ、水前寺公園にも来てほしいなと思います!




水前寺公園HP→