人間関係を良くする方法

仕事や学校、近所付き合い、家族、友人関係などいろんなところでたくさんの人と関わりながら私たちは生きています。

人間関係というのは、これで幸福にも不幸にもなるとてもパワフルな力を持っています。

 

人間関係で問題を抱えている人は、どうしたら人間関係で悩まなくなるだろうと考えるでしょう。

 

まず、人間関係を良くしようと思って、相手に無理して自分を合わせたり、我慢して付き合っているのであれば、それはやめた方がよいかもしれません。

 

なぜなら、一時的に、それで、人間関係が上手く機能しているように見えるかもしれませんが、実は、その場しのぎでしかなく、自分自身は、ストレスをどこかで感じているからです。

 

そのストレスは、自分自身の意思を失わせたり、他人を恨んだり、諦めの気持ちや悲しみ、怒りなど様々に変化し、結果的には、さらに自分を苦しめることになります。

 

人間関係を良くするには、関係を良くしようと努力しよとすることをやめ、それについて考えないことです。

 

なぜなら、良くはならないからです。

 

でも良くならないというと少し誤解をまねくかもしれませんが、関係は良くならなくても、悩むことや負担に思うことはなくなります。

 

人間関係を良くするということは、関係の良くない誰かを好きになろうとか、自分を好きになってもらおうとか、良く思われようと考えている場合があります。

 

しかし、残念ながら、人間は、好き嫌いがあります。

 

気が合う人、合わない人、生理的にも好きな人、嫌いな人がいて、それはどうしようもありません。

 

でも、そのような人たちがたくさん集まって、私たちは、この地球で生きています。

 

自分以外は、たとえ家族でさえも、考え方も性格も違うのです。

 

他人なら、なおさら違って当たり前です。

 

それをどうやって好きになろうとか、好かれようとできるでしょうか?

 

もし、今、あなたが好きな人がいたり、恋人やパートナーがいるならば、その人のことはどうやって好きになりましたか?

 

努力して好きになりましたか?

 

多分違うでしょう。

 

長続きさせるために、多少の努力というものはあるともいますが、好きになる時は、何となく惹かれたり、いいなと思うところがあったはずです。

 

それは、特別な人に起こります。

 

仲の良い友人がいる人は、その仲の良い友人も、人生でたくさんの人に出会うなかで、数名か数十名ではないでしょうか?

 

それ以外の人は、そう気は合わないし、特別に好きでもないでしょう。

 

人間関係で悩んでいる相手は、その“そう気は合わないし、特別に好きでもない”という人なのです。

 

その人たちを、どうやって好きになったり、気に入られるようになるでしょうか?

 

難しいでしょう。

 

だったらどうするか、人間関係で悩む相手は、自分とは気も合わない、考え方も違う人なんだ。とただ認めるだけです。

 

そのまま、何も関係性を変えようと努力しなければいいのです。

 

もしこれを前提にしてみれば、あなたがこれまで悩んでいた関係性は変わるのではないのでしょうか。

 

自分と違うことをしている人を不快に思ったり、自分がしたくないことを要求された時、ストレスに感じたり、悩んだりする以外の思考、行動がとれるのではないでしょうか?


自分がされたくないことをされたり、したくないことを要求されたとき、その相手は、相手自身にとって、都合が良いので、それを求めるのでしょう。

でも、あなたにとっては、不都合ならば、それをちゃんと伝えて、お互いの不満にならないような方法を探せばよいのではないでしょうか?

 

それには、基本、自分と相手を思いやるという気持ちが必要です。

 

人間関係に悩んでいる人は、自分の思いと、相手の思いをちゃんとわかる(感じる)ように努力したほうがいいかもしれません。

 

決して間違った努力はしないようにしましょう。

 

それは、自分の気持ちを我慢すしたり、自分の気持ちを無視して相手に合わせるということではないと私は思います。