無理な理想を追うのをやめよう

こうなったらいいなと思う理想、願望、願いがなかなか叶わないことがあります。

すると、やっぱりダメかと諦めたり、余計に自分を責めてしまったり、マイナスになることがあります。

 

もしかしたら、その理想、願望、願いは叶えなくてもいいものかもしれません。

 

周りの人がそうしているから、自分もそれを理想と思っている、本当は自分にふさわしくない理想かもしれません。

 

また、真に自分の幸福のために求めている理想でないこともあります。

例えば、何か夢を叶えたい、仕事を成功したいと考えいたとします。

でも、なかなか叶わないとき、その夢は何を根源にやってきたものでしょうか?

 

夢を叶えて、人に褒めてもらいたい、称賛してもらいたい。

成功して、すごい!と言われたい。

それが喜びにつながるかもしれませんが、褒めてもらいたいという気持ちが出てきたのはなぜでしょうか?

今まで他人に認めてもらえなかったからでしょうか。

もし、そうならば、他人に認めてもらえていないという事実を受け入れると、どう感じますか?

おそらく、認めてもらえない、、、悲しいな。。。

というような、ネガティブ気持ちがあるのではないでしょうか。

 

もしそうだったときは、悲しいという気持ちのほうを先に整理したほうがいいでしょう。

 

悲しい気持ちを受け入れて、手放すのです。

 

そうすれば、もしかしたら、理想や夢自体がもう必要ない!というところへ達するかもしれませんし、あるいは、その夢を叶えることで、自分はとても幸福を感じる、家族を幸福にできる、他人を幸福にできるから、叶えたい!というように理由が少し変わってくるかもしれません。

 

そうすれば、それは、純粋に、その人にとってふさわしいものとなり、いずれ叶うでしょう。