*・.*.・パステルステンドグラスアート.・*・.*

パステルステンドグラスアートとは、”なのの森”さんオリジナルのまるでステンドグラスのようなガラスを使わないアートのことです。


 ガラスじゃないので、作るのも飾るのも安全・気軽!


ステンドグラス調の絵画が、窓のない壁でも美しく飾れます。


描き方・作り方を習得すれば、どんなデザインでもステンドグラス調に作ることができ自宅のインテリアはもちろん プレゼント等にもできます。

 

簡単に描けて本格的なアートになります。

※スカイプ受講可   スカイプ受講について→


 書道の経験のない方でもおしゃれなインテリア書が描けて、しかもきれいなパステルアートを併せた作品ができないかと、パステリア書発案者のkokoさんが、以下の難問に取り組み、できました。


 初めて筆で書くにはインテリア書は難しくて、上手く書けない。
 書独特の味わいのあるボカシの字は、パステルアートで使う画用紙
   では表現できない。

 かといって書道用の紙ではパステルアートを描くことはできない。
 書とパステルアートを併せて描くことができる紙はどんな紙を使ったらできるか?
 書道初心者の方が初めてでも書けるように、筆以外の他のものを使って味わいのある書を書けないか?


  絵も書も苦手・・・だけど素敵な作品をつくってみたい!という方の為の技法をたっぷりご用意しています。
また、書道の経験のある方も新しい世界の書を楽しむことができると思います。

 

 ※スカイプ講座可能です。

 

スカイプ受講について→

 

◆近日の講座日程◆

 

近日講座日程はこちらをご覧ください。アメブロ→

 

 

そのほかの日時、自宅教室・全国スカイプ

随時受付中!

 

ご希望の日時にお一人様から受講可能です。

遠慮なくご都合のよい日時をリクエストくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 


こんな人におすすめ

ステンドグラスやパステルアートに興味がある

絵をプレゼントしたい

資格取得をして開業したい

パステルアートの幅を広げたい

 


◆コースについて   対面・スカイプ受講可

◆体験講座  (1枚/2時間半程度)  ¥5500円 (材料費込)

見本の図案(アレンジもできます)がありますので、そちらを描くことができます。

絵が初めての方も図案がありますので、手順にそって描けば簡単に描けます。

安心して受講ください。

また、こちらはご自身で楽しむためのコースです。講座やワークショップを開きたいという方はインストラクター講座を受講ください。

体験講座でインストラクター講座の作品を受講後に、インストラクター講座に移行も可能です。

 

※インストラクター取得者の方が、下の三浦オリジナルの作品のモチーフを自身の講座で利用したい方も受講できます。また型紙のみを販売することもできます。

 

※スカイプ受講の場合は、テキストや一部教材を郵送します。また、パステルなどの教材はご自身で準備いただきます。

準備するものはページ最後に明記しています。

◆インストラクター講座 (2枚/約5時間) ¥17000円

受講日程は、1枚ずつに分けて、または2枚まとめて同日に受講できます。

パステルアートや絵の初心者、絵心がない方も受講できます。

ご自身で教室やワークショップ開催時、その他の図案を考えるのが不安な方も、図案がありますので、その後の活動も安心して行えます。

ヌーベルカレーパステル48色をお持ちの方は、ご持参ください。

 

講座内訳:受講料 ¥11000円(2枚分)テキスト・材料代 ¥1000円

インストラクター認定料 ¥5000円

 

※スカイプ受講の場合は、テキストや一部教材を郵送します。また、パステルなどの教材はご自身で準備いただきます。

準備するものはページ最後に明記しています。

 


スカイプ教材準備について

スカイプ受講の方は、教材の準備が必要となります。

下記の画像の道具と受講者の方のみにお伝えできる画材を準備いただきます。

また、購入や準備が難しい画材はこちらからテキストなどといっしょに送ります。

※ご不明な点はメールにておたずねください。

☆パステルステンドグラスアートで使用する道具☆

 

  • ヌーベルカレーパステル48色
  • フィキサーチーフ(描いたパステルの粉を画用紙に定着させるスプレー)
  • 細めの油性ペン、または耐水性ペン(ピグマペン)
  • 画用紙(厚めの紙なら何でも可)
  • マスキングテープ(なるべく白色、幅広)
  • コピー用紙
  • コットン
  • ティッシュ
  • 手拭き用おしぼり又は、ウェットティッシュ

 

 ~以下あると便利です~

  • パステルを削る網(100円ショップのあく取りで可)
  • ブラシ(100円ショップのフェイスブラシなどで可)

 

 

※はじめに準備が難しい画材はこちらから郵送します。

 

 

大型の文房具店や画材店、ネットショップなどで購入可能です。

ご不明な点はメールにてお訪ねください。